2009年8月12日第1回開発会議

これまでのミーティングの記録を掲示するフォーラムです

2009年8月12日第1回開発会議

投稿記事by 河口信夫 » 2009年8月19日(水) 09:36

次世代ネットワーク情報基盤管理システム 開発会議 議事録(案)

■日時: 2009年8月12日(水) 14:00 - 17:30
■場所: 名古屋大学情報基盤センター 4F 演習室
■出席(予定): 名古屋大学 : 河口、八槇、山口、情報基盤センター職員
とりまとめ担当: 石川、中村
各インテグレータ技術者、各ベンダ技術者、各大学・企業ネットワーク管理経験者
(以下順不同)
株式会社SRA、鈴木裕信事務所有限会社
中京大学、愛知県立大学、金城学院大学
株式会社 リフレクション
西日本電信電話株式会社
三井情報株式会社
日商エレクトロニクス株式会社
株式会社コネクティボ
シスコシステムズ合同会社,
東朋テクノロジー株式会社
兼松エレクトロニクス株式会社
アラクサラ ネットワーク株式会社
ネットワンシステムズ株式会社
富士通株式会社

■資料
資料1: 「多様な規模のキャンパスネットワークで利用可能な
次世代ネットワーク情報基盤管理システムの開発会議への参画依頼」 2009/08/05 河口
資料2:「意見とりまとめシート」 2009/08/12版
資料3:「統合管理ツール一覧」 2009/08/12版

■議題
1. 開発会議 KickOff
2. 開発検討項目の絞り出し
3. 既存管理ツール等検討、問題点、利用・参考にすべき点等の整理
4. 次回予告、課題整理。


■議事内容

・ はじめに

・ 運営方針
- オープンソース開発
- 開発過程も公開
- Apache License の様な柔軟なライセンス形態
- オンラインミーティングも検討
- オフレコの部分はその旨を表明
- 可能な限り参加者(企業)を公開
- 会議でのアイディアは共有される
- 特許を所持している場合はその旨を明かにした上で情報を提供すること

・ スケジュール
- 2010年3月までに名大用のシステム
- 9月末までにどんなことを考えなければならないかをかためる
* 検討項目の抽出
* 既存ツールの問題点
* 利用可能なものは利用する
* 必要があれば作成するか、連携の仕組みを作る

・ Mind Map を作成し、検討項目を洗い出す
*** ここは図がないと分りづらい 項目を列挙 ***
- ユーザ管理
- 帯域管理
* Network 管理の Weather map
- Traffic 管理
- DNS
- Security Incident
- Trouble Ticket
- 資産管理
* バージョン管理
* config 管理
- 正常監視
- 異常監視
* IDS
* P2P
- Escalation 管理
- trouble Shoot 支援
- 事前(予防)
- 事後
- 監視対象
* ネットワーク資源
* 計算機資源
* 人的資源
* 運用者
+ 外部業者
+ 内部運用者
* 情報資源
* 消耗品
- PC 管理
- routing 管理
- domain 管理
* 外部 domain
- address 管理
* IP address
* JPNIC への登録情報
- 管路管理
- 文書管理
- flow 管理
- log 管理

- best practice を文書化できない
* castamize もしたい
- Network 管理は各社各様
- 組織による運用形態の違い
* 運用形態の違いを考慮する必要がある
* 工学部がある大学と文系の大学では全然違う

- 管理と運用のポリシー
- 運用スキル
- 教育
* オンラインマニュアル
* 運用は有償の選択肢もある
* 対応時間は別に考慮する

- 資産管理
* 運用と事務の間の情報交換が必要
* OpenView では Exel で 資産管理の sheet を書いて実現出来る
* 事務系とシステム系の管理の 100% 融合は難しい
+ MDM(Master Data Management) の話
* 機器更新の管理、機器寿命の管理
* Serial # と固定資産 ID の bind
+ Serial # は修理等で変ったりすることがある
+ server のソフトのバージョン

- 管理情報の範囲
* リモート監視ができない機器の状態管理
+ patch panel の状態
+ interface の状態
+ 写真で管理する
+ 不整合の管理

- ツールの開発単位
* 1つの大きな仕組み
* 小さなものの集合体
+ 単独でも使用できてもよい
+ installer を作る
+ データの整合を取る

・ 各ベンダからの意見
- project の目的を明確にしてほしい
* ソフトの標準化
* 運用管理技術の標準化
+ Needs から Seeds をみつける体制
+ Know How の標準化
* CIO、CTO など経営側にも判ってもらいたい
+ 運用管理のコストについての理解
* 運用管理の範囲を提言
* 他組織への参加よびかけは今後行う予定

・ ツールに対する課題
- 複数ツールの連携
- message 交換方式
* Software BUS の定義
- 既存の運用ツールについて
* Hinemos
+ 監視の部分は良くできている
+ interface は使い勝手が悪い
+ Eclipse は重い
+ Map 機能が欲しい
+ Add-on, plug-in が欲しい
+ job 管理が出来る
* ZABBIX
+ 有償サポートがある
+ MRTG + Cacti + α
* Nagios
+ 構築は大変
+ 安定して動作する
+ Groud Work Moniter
+ X-MON

- 参加者Aから
* サービスレベルの管理を行う SLA の話
* 運用管理評価をする

- 参加者Bから
* IPv4, IPv6 ポリシーベースの routing の管理

- 参加者Cから
* log 管理について
+ 構成変更やトラブルの解決の方法とその方法を採用した理由がわかると良い

- 参加者Dから
* Life Cycle Management ができると良い

- 参加者Eから
* 証跡管理
+ 原本性の保証
+ 改竄の発見
+ 危機管理
+ 全ての操作の log を残すようにする

・ 次回の会議
- 8/19 10:00 ~ 12:00
- 基盤センター4F
- 前回の議事整理
* 要求仕様の最大枠
* 機能の優先順位
- 他ツールの詳細な紹介
* X-Mon試用版、GroudWorks、ZABBIX、Hobbit
- 名大製ツールの紹介
- 機能毎のテーマ別開発会議の構成
* テーマ別にスケジュール化
添付ファイル
要検討事項.mm
FreeMind で作成した要検討事項
(22.27 KiB) ダウンロード回数: 487 回
次世代IMS.mm
FreeMind で作成した、管理システム構想
(25.64 KiB) ダウンロード回数: 480 回
次世代ネットワーク情報基盤KickOff20090812.pdf
議事進行用のppt
(86.87 KiB) ダウンロード回数: 521 回
河口信夫
 
記事: 17
登録日時: 2009年8月18日(火) 11:04

Return to ミーティング記録

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron