2009年8月29日:ソフトウェア構成WG

これまでのミーティングの記録を掲示するフォーラムです

2009年8月29日:ソフトウェア構成WG

投稿記事by 河口信夫 » 2009年8月28日(金) 18:50

本日は、ソフトウェア構成、特にデータ構造についての議論を行いました。

基本は
 ・小さなツールの集まり
 ・ディレクトリ構造を使ったデータ構造
で進めてみようという話をしました。

本日のメモ(FreeMind)を添付しておきます。
添付ファイル
資産管理ファイル構造.mm
(7.62 KiB) ダウンロード回数: 471 回
河口信夫
 
記事: 17
登録日時: 2009年8月18日(火) 11:04

Re: 2009年8月29日:ソフトウェア構成WG

投稿記事by 石川雅彦 » 2009年9月03日(木) 16:06

議事録(案)を作成しました。

========================================================================

次世代ネットワーク情報基盤管理システム
ソフトウェア構成WG 議事録(案)

■日時: 2009年8月28日(金) 16:00 - 18:30
■場所: 名古屋大学情報基盤センター 4F 会議室
■出席(予定): 名古屋大学 : 河口、八槇、山口、情報基盤センター職員
とりまとめ担当: 石川、中村
各インテグレータ技術者、各ベンダ技術者、各大学・企業ネットワーク管理経験者
(以下順不同)
株式会社SRA
株式会社 IIJ-II
株式会社コネクティボ、
(有)鈴木裕信事務所
(有)ITプランニング
兼松エレクトロニクス株式会社

■資料
資料1:議事次第
資料2:FreeMap資料「要検討事項」2009/8/12 第1回開発会議版
資料3:FreeMap資料「次世代IMS」 2009/8/12 第1回開発会議版
資料4: FreeMap資料 2009/8/19 第2回開発会議版

■議題
1. 導入(会議方針、経緯の説明)
2. 議論詳細
3. 今後の予定

■議事内容

1. 導入(会議方針、経緯の説明)
* 新規参加者のために前回の概要
- 第2回会議で、4WG決定。 WG毎に会議を実施。
(資料4: FreeMap資料 2009/8/19 第2回開発会議版 参照)
* 議事録や資料の置場について

2. 議論詳細

2.1 基本方針
* 段階的に開発を行いたい。
* 既存のものは活用していきたい。
+ 既存システムと新システムの関係
+ データの扱い方
* 単体のソフトウェアではなく、ツール群と wrapper
* コマンドラインのシステムに Viewer を載せる

2.2 データの扱い
* ファイルシステム上に置く
+ DataBase を使うほどデータが大きく無い
+ データへのアクセス手段はどうするのか
- DB ならば、SQL でできる
- アクセス用のライブラリを用意する
+ DB の場合 Schima を決めてしまうと変更が大変
+ 排他処理の問題
+ ファイルシステムではデータの階層化が容易
+ キーを使った検索は意外に多くない
+ DB を触るためのプログラムが必要となる場合もある
+ backup などの管理が楽
+ DB では複数の条件にマッチするデータの取り出しが楽にできる
+ DB で構造を規定すると構造の変更時に DB の変更が必要になる
+ config 内にコメントで記述

2.3 使用するプログラミング言語は
* 特に規定する必要はない
+ C は避けるべき
+ Java は VM ではまる
+ Python か Ruby が良いのでは
- version による違いは指定することで解決
+ Scala は静的型付けができるので、動作検証が容易
+ 言語が得意な部分をやればよい

2.4 アクセス制限
* 機器の config などは見られては困る
* traffic の状態等からプライバシーに関する情報が流出する可能性がある
* ファイルの permission や ACL での制御は十分でない
* DB では細かい制御が可能であるが、ファイルシステムでは困難である

2.5 機器の IP address とユーザの関係
* 機器の情報と IP address の情報が連携していない
+ MAC address で管理する
+ IP address を予め登録出来無い組織もある

2.6 ファイルシステム上のデータ構造について
* 物理的位置(location) の構造を階層化する
+ キャンパス
+ 建物
+ フロア
+ EPS
+ rack
* location 情報と機器情報をわける
+ 階層構造を別データで持つのは DB のやりかた
+ ファイルシステムでは機器の指定に wild card が使える
* 論理的単位は tree にならない
+ 部局
* 機器の移動
+ mv して check-in
* 機器の属性
+ directory にファイルを置く
+ 監視方法を記述する
+ 監視ツール(Nagios など) の config を置く
+ 提供しているサービス
+ log file
+ 写真
+ マニュアル
+ ドライバーなどの cd image
* directory やファイルに日本語は使用できるか
+ UTF-8 で
+ UTF-8 では正規表現が問題になる
+ 正規表現をサポートする必要はあまりないのでは
+ directory は alphabet を使い日本語名はファイルに記述する

2.7 その他
・ どのように使用するか
* 資産管理
* 数が多くなったら検索が必要では
* ライブラリはどうするか
+ 資産管理システムの上に監視系をのせる
* 操作記録を残す事も出来るように
* 小さな管理単位でも使用できる
+ Windows で動くとよりよい

3. 今後の予定
9/2 (水) 15:00 - 17:00 ネットワーク資産管理 WG
9/11 (金) 10:00 - 12:00 ネットワーク自動取得 WG
9/17 (木) 15:00 - 17:00 トラブル・security 管理
9/28 (月) 10:00 - 12:00 全体会議
石川雅彦
 
記事: 76
登録日時: 2009年8月15日(土) 15:52


Return to ミーティング記録

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron